圧力センサーとは

液体や気体の圧力を検出し電気信号に変換する装置で、医療、エレクトロニクス、工業の領域で広く使われています。

メムザス(株)の圧力センサ

極細径光ファイバ圧力センサ

カテーテル治療などにおいて血管内局所内圧などを測定する目的で、外径125μmの非常に小さな圧力センサです。
マイクロマシニング技術によって光ファイバー端面に薄いダイヤフラム(膜)が形成されており、圧力によるダイヤフラムのたわみを光の干渉現象を用いて計測します。

この光ファイバ圧力センサは電気や磁気による影響を受けないという利点があります。